2012年05月17日

龍馬を育てた道【龍馬居眠りの堤と観音堂 / 水丁場】

このブログは四代目ブログのLite版です。
本ブログはこちからどうぞ。
http://kamimachi.tosalog.com/





高知市上町(龍馬が生まれた町)で上町の町興しの一環として「龍馬を育てた道」を収録してます☆

みんな観光に来てね☆ぜよw





龍馬を育てた道【龍馬居眠りの堤と観音堂 / 水丁場】

















龍馬が生まれた町より愛を込めて発信配信しておりますので、

あたたかくお見守り下さい♩

そして、チャンネル登録&グッド! 是非につかーさいw





今回の「龍馬を育てた道」は

「龍馬居眠りの堤と観音堂 / 水丁場」に行ってきました。

(土佐西国三十三番加納院観音堂)



 少年時代の龍馬が泳いでいたといわれる鏡川。

 水練で疲れた龍馬がこの附近の堤に体を横たえ休んでるうちに、

 ふと軽い眠りにおちていたであろう場所です。まぁ、居眠りをしていたわけですねw



 少年時代の龍馬はどんな夢を見ていたのでしょうか?







〜 よさこい祭り YOSAKOI 〜

高知では毎年夏によさこい祭りやってます!

8月9日の前夜祭、8月10日と8月11日の本番、8月12日の全国大会と後夜祭の4日間にわたり高知県高知市でよさこい祭り開催だよ☆

上町にも会場があるよ!みんな来てね!!









 龍馬が生まれた町、上町から



 全ての愛すべき人々へ愛をこめて。




                      冨士味噌 四代目



 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【米こうじの販売】

糀(米こうじ、米麹、米糀)


五合(750g) / 800円


(放射線検査をした九州産米を使用しておりますので安心してお使い頂けます。





「いま話題の塩こうじ、お味噌づくりに使ってみませんか☆」







ゆうパックでの発送(+梱包費100円)となります。



(×4袋(Kg)までならゆうパック60サイズで発送できます。)





ゆうパック料金



http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/charge/ichiran/39.html<br><br>





【ゆうパック60サイズ】



高知県(県内)  600円(+梱包費100円)



近畿・中国・四国 700円(+梱包費100円)



北陸・東海・九州 800円(+梱包費100円)



東京・関東・信越 900円(+梱包費100円)



東北      1000円(+梱包費100円)



沖縄      1200円(+梱包費100円)



北海道     1300円(+梱包費100円)







--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 当店では真空パックは致しておりません。



 真空にさせ冷凍し麹菌を眠らせて長期間の保存をされている方もいらっしゃるのは存じ

 ておりますが、やはりその際に麹菌に負担がかかり菌のパワー減少につながる可能性が

 高いと私は判断しておりますので、出来るだけなにもしないまま(常温)の配送にして

 おります。


 ただその際にもちろん発酵が進むのも事実ですが、私はその方が良いと考えております。



いかに麹菌の本来のパワーを体内に取り入れるかが今の私のテーマです(2011.3.11現在)



 ですので新たな情報で知識を得、学び、考えが変わる事もあるかと思います。



 なにかありましたらご教授下さい



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 



お買い求めは以下のフォームへ記入、送信して下さい。

折り返し確認メールを返信させて頂きますので、

お間違えなければ、入金確認後の発送となります。

お手数ですが宜しくお願い致します。







Powered by NINJA TOOLS













★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【塩こうじの作り方】



1日目 こうじ量に対して塩を10%~30%ほど混ぜ、水をひたひたになる程度加えます。

      (目安は1:1[こうじ&塩:水]ぐらい。)

2日目 水分を吸っていますので、更にヒタヒタになるぐらい水を足し全体をかき混ぜます。

   (注意 ※水を足すのは2日目のみ。)

毎日 1日1回混ぜます。

   (空気に触れさすように混ぜてあげると、こうじの甘さが増します♪)

   冬季は暖かい部屋で1週間~10日位(夏季は5日程度)発酵させて下さい。

   発酵が進み塩の味がまろやかになり、甘酒のような香りが加わってくれば完成です。



 塩こうじ教室の模様をYouTubeにアップしてますので是非ご覧下さい☆



【管理栄養士の塩こうじ教室「こうじについて」】





【管理栄養士の塩こうじ教室「発酵について」】







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【自家製お味噌の作り方】



① 大豆をよく洗い、大豆の2倍から3倍量の水に一晩つけておきます。

② こうじを塩と混ぜ合わせておきましょう。

③ 一晩おいた大豆をザル等にあけ水をきって下さい。

 煮豆を煮る様な感じで水を加えながら煮込みます。(大豆が指でつぶれるくらいがGood♪)

 ☆鍋で煮ると3時間から5時間ぐらいかかりますが、圧力鍋だと30分ぐらいでOKです☆

④ 大豆が煮あがったらザルにあけて、煮汁(種水)をとりましょう。※種水はあとで使います。

⑤ 煮あがった豆をさめないうちにつぶします。

⑥ つぶした煮豆に②(こうじと塩)をムラなく混ぜ合わせます。そして④(種水)を足しながら耳たぶ程 の固さになるまで混ぜ合わせます。

⑦ 団子に丸めたものを(仕込み用の桶、タッパー等に)すきまのない様に隅々までしっかりと詰め込み、 表面を平らにした後ラップで覆って下さい。

(密封できない容器・樽の場合は、押しぶたをひいて重石をして下さい。重石の目安は、仕込む重量の2 ~3割が目安です。)

  ⑧ 約3ヶ月を過ぎると、発酵が進み熟成してきますので、この時期に天地返しか容器を移し変え、表面を 平らにしラップで覆って下さい。



【出来上がりの目安】

冬:6カ月~1年  

夏:3カ月~6カ月(目安です。)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 商品について気になる点がありましたらお気軽に質問してください。よろしくお願い致します。







宇田味噌製造所



 高知県高知市上町3丁目7−27

(上町3丁目バス停前 電車通り南側)

 Google マップ→ http://bit.ly/yd6yrf



 TEL/FAX (088)872-6692







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









posted by 四代目 at 21:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

かつお ゲストハウス

 お友達の紹介です☆



 こないだの日曜日(2012年4月1日)に

 高知の大使館のようなお宿を目指し

「かつお ゲストハウス」がオープン致しました!



 その落成式に僕は参加させてもらったんですが、

 本場久礼のカツオを奉納や、

 祈祷師によるカツオ清めの儀式。

 かつおゲストハウス女将のスピーチ。

 繁栄を祝って「カツオのぼり」の掲揚。

 日本人なら一度はやりたい「餅まき」。

 ベランダ(屋根?)で歌うたいによる熱いライブが

 繰り広げられ、大いに盛り上がりました。



 その模様はYouTubeで見れますので是非に☆





【 かつお ゲストハウス 〜落成式(前編)〜 】







 高知に来られる際には是非

「かつお ゲストハウス」をご利用下さい♪



  

 気になる「かつお ゲストハウス」の詳細はこちら♪



かつお ゲストハウス

〒780-066

高知市比島町4-7-28(産業道路沿い比島交通公園西横)

P(5台)

E-mail:katuo.gh@gmail.com



料金 /in 15:00 - out 10:00

・1人1泊2500円

・個室3500円

(3泊目以降は500円オフ)



スペースレンタル1万円

・12時〜深夜0時の間で6時間、1階利用のみ、最大15名まで





●アクセス

【JR】岡山駅から特急南風で2時間30分

【バス】高知駅北口バスターミナル2番乗り場から3分、「中比島」下車、北へ100mすぐ

【車】高知ICから高知市外方面へ5分

【徒歩】高知駅北口から徒歩10分

【お遍路さん】30番札所・善楽寺から県道384号を経由し、249号線沿いを徒歩30分。バスの場合は「一宮神社前」から10分、「中比島」下車、西へ100m右手





●設備

パソコン、無線LAN、テレビ、キッチン(冷蔵庫・ガス・レンジ・調理器具・調味料・食器)、トイレ・バス(共同)、地元タウン誌、高知県観光に関する書籍やパンフレット ※自転車レンタル500円 ※現在、無線LANは繋がっていません



●お部屋の設備

ゆずルーム...アロマディフューザー、テラス、化粧台

かつおルーム...ウッドデッキ、かつお神社、こたつ

おきゃくルーム...掘りごたつ、冷暖房



●アメニティ

シャンプー•リンス、ドライヤー 

※タオル・歯ブラシは有料





HPはこちら♪

http://katuo-gh.com/
















 それでは、また!


 


 ぜよ。


 


 


                      冨士味噌 四代目



 

このブログは四代目ブログのLite版です。
本ブログはこちからどうぞ。
http://kamimachi.tosalog.com/

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【米こうじの販売】

糀(米こうじ、米麹、米糀)


五合(750g) / 800円


(放射線検査をした九州産米を使用しておりますので安心してお使い頂けます。





「いま話題の塩こうじ、お味噌づくりに使ってみませんか☆」







ゆうパックでの発送(+梱包費100円)となります。



(×4袋(Kg)までならゆうパック60サイズで発送できます。)





ゆうパック料金



http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/charge/ichiran/39.html<br><br>





【ゆうパック60サイズ】



高知県(県内)  600円(+梱包費100円)



近畿・中国・四国 700円(+梱包費100円)



北陸・東海・九州 800円(+梱包費100円)



東京・関東・信越 900円(+梱包費100円)



東北      1000円(+梱包費100円)



沖縄      1200円(+梱包費100円)



北海道     1300円(+梱包費100円)







--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 当店では真空パックは致しておりません。



 真空にさせ冷凍し麹菌を眠らせて長期間の保存をされている方もいらっしゃるのは存じ

 ておりますが、やはりその際に麹菌に負担がかかり菌のパワー減少につながる可能性が

 高いと私は判断しておりますので、出来るだけなにもしないまま(常温)の配送にして

 おります。


 ただその際にもちろん発酵が進むのも事実ですが、私はその方が良いと考えております。



いかに麹菌の本来のパワーを体内に取り入れるかが今の私のテーマです(2011.3.11現在)



 ですので新たな情報で知識を得、学び、考えが変わる事もあるかと思います。



 なにかありましたらご教授下さい



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 



お買い求めは以下のフォームへ記入、送信して下さい。

折り返し確認メールを返信させて頂きますので、

お間違えなければ、入金確認後の発送となります。

お手数ですが宜しくお願い致します。







Powered by NINJA TOOLS













★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【塩こうじの作り方】



1日目 こうじ量に対して塩を10%~30%ほど混ぜ、水をひたひたになる程度加えます。

      (目安は1:1[こうじ&塩:水]ぐらい。)

2日目 水分を吸っていますので、更にヒタヒタになるぐらい水を足し全体をかき混ぜます。

   (注意 ※水を足すのは2日目のみ。)

毎日 1日1回混ぜます。

   (空気に触れさすように混ぜてあげると、こうじの甘さが増します♪)

   冬季は暖かい部屋で1週間~10日位(夏季は5日程度)発酵させて下さい。

   発酵が進み塩の味がまろやかになり、甘酒のような香りが加わってくれば完成です。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【自家製お味噌の作り方】



① 大豆をよく洗い、大豆の2倍から3倍量の水に一晩つけておきます。

② こうじを塩と混ぜ合わせておきましょう。

③ 一晩おいた大豆をザル等にあけ水をきって下さい。

 煮豆を煮る様な感じで水を加えながら煮込みます。(大豆が指でつぶれるくらいがGood♪)

 ☆鍋で煮ると3時間から5時間ぐらいかかりますが、圧力鍋だと30分ぐらいでOKです☆

④ 大豆が煮あがったらザルにあけて、煮汁(種水)をとりましょう。※種水はあとで使います。

⑤ 煮あがった豆をさめないうちにつぶします。

⑥ つぶした煮豆に②(こうじと塩)をムラなく混ぜ合わせます。そして④(種水)を足しながら耳たぶ程 の固さになるまで混ぜ合わせます。

⑦ 団子に丸めたものを(仕込み用の桶、タッパー等に)すきまのない様に隅々までしっかりと詰め込み、 表面を平らにした後ラップで覆って下さい。

(密封できない容器・樽の場合は、押しぶたをひいて重石をして下さい。重石の目安は、仕込む重量の2 ~3割が目安です。)

  ⑧ 約3ヶ月を過ぎると、発酵が進み熟成してきますので、この時期に天地返しか容器を移し変え、表面を 平らにしラップで覆って下さい。



【出来上がりの目安】

冬:6カ月~1年  

夏:3カ月~6カ月(目安です。)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



 商品について気になる点がありましたらお気軽に質問してください。よろしくお願い致します。







宇田味噌製造所



 高知県高知市上町3丁目7−27

(上町3丁目バス停前 電車通り南側)

 Google マップ→ http://bit.ly/yd6yrf



 TEL/FAX (088)872-6692







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









posted by 四代目 at 15:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。